【C型肝炎】ヘプシナットLP

【C型肝炎】ヘプシナットLP

10%
割引
Coupon
ヘプシナットLP クーポン
ヘプシナットLP 10% 割引クーポン

この記事は、この間の投稿記事が、C型肝炎の治療全般について約計画を立てるのに役立つようで継続的に更新します。

– 本文目次 –

1.いつ感染たのか?

2.どこ偶然感染たのか?

3.どのように治療するか。
(1)病院に行く
(2)各種検査をする
(3)確認し、遺伝子型、肝臓の状態に応じた治療方法
(4)服用方法
(5)治療薬服用時の注意すべき薬
(6)治療薬の副作用
(7)基本検査サイクル
(8)完治判定基準

4.その他
(1)妊娠関連
(2)小児、青少年のしてみると、ショバルディ服用
(3)高齢者の服用
(4)腎障害の患者の服用

5.病院の選択

6.治療費
(1)保険適用時の費用
(2)保険未適用時費用
(3)コピー薬販売店
(4)複製薬の選択

I.はじめに

C型肝炎にいつ感染し、どこ感染しどのように治療していくつかの病院に行かなければなら、コストはいくらかかりますについてはまだよくご存じず疑問、悩み、心配される方が結構いるような整理をしてみました。

II。本文

1.いつ感染したのか?
これは知ることができません。身体検査や他の疾患などの治療のために血液検査をして感染の事実を知ることになるので、いつ感染なったかを知らない。そして重要なのは、現在行っ状態がどうであるかと、どのように治療かが重要なのであって、いつ感染しているが重要ではありません。

2.どこ偶然感染たのか?
血液中に、性交に、出産時の垂直感染等に感染するとするほとんどすべての感染した血液が、本人の血液に入って感染した見ればされます。例として、感染患者の血液が付着した注射針、カミソリ、歯ブラシ、ミシン針、爪切り、漢方針、入れ墨のツールは、爪のお手入れツール等で感染されるとみるされます。したがって、これらの注意とほぼ感染はないです。

性交と妊娠、出産時に感染することはほとんど希薄ので、ご安心ください良い100%問題なくはないから、血液の露出がないようにさえすれば、99.999999%の感染がないです。

3.どのように治療するか。
ペグインターフェロンアルファ+リバビリン併用療法で治療したが、この治療法は、あまりにもひどい副作用と高くない治療率(40〜80%)により、DAA第(ウイルスに直接作用する抗ウイルス剤)治療薬が出てきた以降は、ほとんどの治療はありません。したがって、まだ注射治療を勧める病院があれば明らかに病院を変えてください。

このごろはあり見て、ショバルディ、多レン者+スンベプラ(ダクスン)、リバビリンなどの薬剤を互いに組み合わせて、治療をするのに約によって90〜100%までの治療になります。そしてずっと治療効率がよく、治療期間が短期間であり、手頃な価格の約が出てきているので、まったく治療に心配する必要はありません。

「C型肝炎は、今風邪かかったと考えた場合されます」と冗談もしています。

ただし、この病気を治療チーずに長期間放置すると不治に近い下手死に至る肝硬変、肝臓がんまでに行く感染を知っている、すぐに治療をすることが簡単で、コストも少なく、間島少ない壊れた状態で治療されるので、すぐに治療してください。

そして治療は以下のような順序でください。

(1)C型肝炎に感染症の疑いが例えばすぐ近くにある間専門医院に行きます。

(2)C型肝炎関連の各種検査をします。

1)HCV RNA抗体検査をして感染の有無を確認します。
2)HCV RNA定性検査や定量検査をして確実に感染になったか、ウイルスの数値はいくらかを確認します。(少し前まで定量検査の精度が少し不足したと一つこのごろは定量検査も精度が非常に鋭敏で精度面で大きく差が出ないため、二重に検査する必要がありません)
3)慢性C型肝炎で確認されると、HCV RNA遺伝子検査をして治療方法を決定します。
4)肝炎の状態、有病者期間に応じて超音波、ファイブでスキャン、CT、MRI、または生体組織検査をする場合もあります。

(3)確認された遺伝子型との間の状態に応じて治療薬剤、治療期間が定められ、詳細については、以下のリンクによく整理されているので参考にしてください。

(4)医師の指示に基づいて主治療薬(してみると、ショバルディ、多レン者)は、必ず一日1錠ずつ定め時間に服用して、併用薬(リバビリン、スンベプラなど)があれば、医師の処方通り服薬時間に合わせて服用ください。

(5)C型肝炎の治療の際、他の病気で服用している薬のように服用すると、エラーになる薬は、以下のリンクを参照してください。一番気をつけなければならない薬は不整脈治療剤であるアミオダロン(amiodarone)です。

そして血圧の薬、糖尿病薬、うつ病薬などは、おおむね間治療との相互作用がないとは、単一の治療前主治医に食べている薬を知らせ確認してください。

(6)治療中のかゆみ、不眠、等様々な副作用があるが、2〜3週間後減少もあります。副作用は大きくひどくないが、重度の場合は我慢飲ん病院に受けてください。近く議員に間の影響がなく、してみると及びショバルディ治療の場合ソフォス部ビルとレディパスビルダ、ダクスン治療の場合だクラスヴィールとアスナロプレビル成分との相互作用がない薬で処方受け取るされます。

(7)基本的な検査は、治療開始前の肝機能検査とRNA検査などをして、治療開始4週間後、12週間後、治療終了して12週間後にします。もしかしたら、ウイルス突破や異常現象がある場合は、追加の検査をしたりします。

前述した検査はしてみると私ショバルディが主治療薬の場合です。ダクスン治療の場合、治療前ダクスン薬剤に対する耐性検査が追加され、治療開始4週間後、治療期間が6ヶ月であるため、24週間後の検査で、治療終了して12週間後にします。

(8)完治判定は、治療終了して12週間後の検査結果から、ウイルス未検出(not detectedまたは≤15IU/ mlのか≤41copies)であれば完治と呼ばれます。

その後も1年程度の間隔でHCV RNA定量検査はみてください。

4.その他の注意事項
(1)妊娠関連
妊娠を計画しておられる男女はリバビリンと併用する場合には、リバビリンの許可事項で勧告するように、治療中または治療後6ヶ月程度は避妊が必要です。

してみるとソバルディの成分をRAT(ラットの一種、実験用に主に使わ)について実験したときに悪い影響はなかったか、人間に対しては十分な臨床結果がないとしたら、妊娠を控えまたは妊娠中の投薬値はならないです。

授乳についてもまだ十分な臨床結果がないとしたら薬の服用をしないようにします。
ちなみに、C型肝炎患者の母乳では感染が乳首に傷がある時は、完全に治療後の授乳が必要です。

(2)小児や青少年の服用
18歳未満の小児や青少年の服用の安全性や有効性のこともまだ臨床データがないとします。

(3)高齢者の服用
容量調節することなく、主治医の処方によるとされます。

(4)軽症(輕症)または重度(中症)腎障害の患者は、一般の患者と同じで、重症(重症)身長透析が必要な末期腎障害患者に対しては、安全性と有効性について十分な臨床データがないです。

5.どのような病院に行くだろうか?
私は肝炎、肝硬変、各種合併症(複数、食道静脈瘤など)、肝臓癌状態で肝臓移植をした人に多くの間の関連の治療をした経験に非代償性肝硬変(上記合併症などを伴う肝硬変)まで行かなかったら、高価な大型病院ではなく、間に特化議員に行くことがいろいろと思います。

まず、大規模病院は肝臓専門議員より多ければ50%近くコストがかかり、診療受ける不快、待ち時間も長く、疑問点について親切で詳細な説明をほとんど聞かず、緊急事態に主治医から処置受けるが、ほぼ不可能です。

一つの治療方法:


シナットLP(Hepcinat LP)とは?

ヘプシナットLPは、有効成分がレジパスビル90mg、ソホスブビル400mgの、C型肝炎経口治療薬「ソバルディ」のジェネリック医薬品になります。

オリジナル薬である「ソバルディ」の1錠あたりの値段は1000米ドル(約12万円)とも言われており、高い効果が期待できる反面で、薬価の高さが問題となっていました。

このヘプシナットLPを製造しているインドのNatco社は、ソバルディの製造会社ギリアド社より、正式にライセンスを受けてジェネリック薬を製造しており、同等の効果薬の値段も驚くほど※1安価なのです。
※1ジェネリック医薬品は、ライセンス契約等などで研究費がかさまず、生産国によって人件費なども異なるため、値段が安価なのです。

ジェネリック医薬品は、世界の発展途上国で活躍しているお薬です。
ヘプシナットLPは通常、すでにC型慢性肝炎が進行し、肝機能障害の患者にも対応できる、素晴らしいお薬です。日本人においてのジェノタイプ1のC型慢性肝炎や、代償肝硬変の患者には、 1日1回、1錠を12週間経口投与いたします。このジェノタイプ1は日本のC型慢性肝炎の70%を占めていると報告されています。ヘプシナットLPによる副作用が、より少ないことが報告されているからです。症状によって、インターフェロンやリバビリンと併用される場合もあります。

ヘプシナットLPの服用についての注意:
◉ヘプシナットLPは18歳以上の方の服用となります。
◉ヘプシナットLPは1日1回24時間の間隔をあけて服用します。

ヘプシナットLPの安全性
ヘプシナットLPは、安全かつ効果的な医薬品として米国食品医薬品局(FDA)のFDA承認を受けています。
ヘプシナットLPを1日1回12週間投与した患者の99%(213人中210人)が治癒した
とアメリカでは報告されている、すぐれたC型肝炎治療薬です。

10%
割引
Coupon
ヘプシナットLP クーポン
ヘプシナットLP 10% 割引クーポン