アレグラ・アレルギー鼻炎

アレグラは、サノフィ社が開発したアレルギー鼻炎(花粉症)の医薬品です。
花粉症だけでなく、蕁麻疹や皮膚炎の治療にも効果的です。

主要有効成分:フェキソフェナジンの働き  

原因となるヒスタミンを抑制することでアレルギー症状を抑制、緩和する作用があります。

ヒスタミンは、体内に入ってきた病原菌を殺すために反応するのですが、花粉症は花粉を異物だと体が認識して花粉を除去しようするためアレルギー症状として鼻水や咳が出たり、目が痒くなったりします。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品は、「安価な医薬品」として日本でも広く知られるようになってきましたが、ジェネリック医薬品の定義について正しく理解して上手く利用されている方は少ないようです。

日本には現在以下の2種類の医薬品が流通しています。

・新薬(先発医薬品)

・ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に、同じ成分や製法を用いて、製造、販売されたものです。

そのため、ジェネリック医薬品は、新薬と効果や効能はほぼ同じであるにも関わらず、金額が非常に安いため、上手に使うことで医薬品の費用を大幅に削減できるメリットがあります。

近年、日本でもジェネリック医薬品には国の医療費削減の効果も期待され、広く普及しつつありますが、まだまだ日本で取り扱っているジェネリック医薬品は少ないのですが、海外から「個人輸入」するという選択肢を利用すれば選べる医薬品の種類を増やすことができます。