ジェネリック医薬品は、「安価な医薬品」として日本でも広く知られるようになってきましたが、ジェネリック医薬品の定義について正しく理解して上手く利用されている方は少ないようです。

日本には現在以下の2種類の医薬品が流通しています。

・新薬(先発医薬品)

・ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に、同じ成分や製法を用いて、製造、販売されたものです。

そのため、ジェネリック医薬品は、新薬と効果や効能はほぼ同じであるにも関わらず、金額が非常に安いため、上手に使うことで医薬品の費用を大幅に削減できるメリットがあります。

近年、日本でもジェネリック医薬品には国の医療費削減の効果も期待され、広く普及しつつありますが、まだまだ日本で取り扱っているジェネリック医薬品は少ないのですが、海外から「個人輸入」するという選択肢を利用すれば選べる医薬品の種類を増やすことができます。